鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK俳句テキスト

<<   作成日時 : 2014/02/21 11:32   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

 「NHK俳句テキスト」4月号の巻頭名句の欄に私の句が掲載されるとのことで、その許可願いが届いた。掲載されるのはこちらの句。

画像


 ずいぶん前の作品だが、時々何かの形で出てくる句だ。

 いつまでも誰かの記憶にあるのだろうか。嬉しいことだ。

 この句を選んで選んでくれたのは鍵和田柚(本当は禾へん)子さん、どうもありがとうございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鎌倉さま。ワタクシ的ニャア「珈琲をミルクは巡るかんがえる」が好みで、もっぱらブラック派ですが、時折ミルクを入れるたびツト想起してしまいますあざやかに。
で本日付「Ban'ya」重信の多行句についての中身が気になります・・・かつて/どこかで新進(w)神野紗希による同テーマの考察がありましたが、弟子のあらたな視座が提供されるのかどうか。
ダイハード
2014/02/21 23:46
 私の句を覚えてくださり、ありがとうございます。あの句は喫茶店に一人でいた時にできました。目の前にコーヒーもありましたけど、実際は何も考えていなかったように思います。そういうときの方が俳句ってできるのかもしれません。
ラララ
2014/02/22 16:30
あはは〜左様でしたか「実際は何も考えてなかった(^@^;)
考えたらワタクシも、ミルクが渦状にコーヒーに溶けゆくのを見つ、思念やら何やらもいっしょに吸いこまれそうになるのを、辛うじてコノ句を思いだすコトで踏みとどまっているのかも。
案外、古池に飛びこんだカエルもついつい底に自我の深淵を見たのかもしれませんね・・・あッ、アブナイ!!
ダイハード
2014/02/22 17:01
ダイハード君、もはや弟子からの視点ではなく論じています。新進と呼ばれる人が、日本ではほとんど、まともでなく幼稚なのは困ったことです。私に関する質問があるのなら、直接私へ。勇気がないのかな?
Fujimi
2014/02/22 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK俳句テキスト 鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる