鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞さいたま文化への応募俳句のこと

<<   作成日時 : 2014/06/21 08:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夜、朝日新聞社の担当の記者さんから連絡が入った。今回、選んだ作品で質問があるというようなことだった。類似句があったのかな。これは前にも何度かあったから、選びなおししなきゃ、と思いながらメールを開くと・・・

 今回、問題になった作品は、類似句なんてものじゃあなくて10年以上前に、とある結社に発表されたものと、まるまる同じだった。名前を見ると、姓名の姓だけちがっていて名は同じ。

 たぶん、今回、応募してくれた人は、この結社誌と同一人物なのだろう。結婚か何かで姓が変わったのかもしれないし、あらたに俳号を使うことにしたのかもしれない。

 10年以上前に結社誌に発表した作品を、こうしてまた応募句にするというのは、よほどその句に思い入れがあるか、自信があるのだろう。確かに今回は特選こそ逃したものの、かなり目立つ句だった・・・

 でも、一度、結社誌に発表したじゃない。それだけでは物足りなかったのかなあ。

 この句、もし、10年前に結社誌に発表した作者ではなく、まったくの他人が応募していたとしたら、それは悪質だね。

 いずれにせよ、選者をしているとこういうことにもぶつかるんだ・・・
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日新聞さいたま文化への応募俳句のこと 鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる