鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS 口角炎

<<   作成日時 : 2015/01/07 11:32   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 口角炎にかかってしまった。昨年の12月半ばを過ぎた頃から、口を開ける時に唇の両脇が痛いなと思っていたら、そこがしだいに切れてきてとうとう血が出るようになってしまった。

 最初は唇の荒れがひどくなったのかと思い、ケリームをせっせと塗っていたのだが、いっこうによくならない。何かよい薬などあるかと思い、薬局に行ってみた。

 この時期は同じような病気にかかる人がいると見え、ちゃんと口角炎に利く塗り薬があるではないか、ほっとした。こちらがそれ。

 
画像



 リップクリームのようだが、ちゃんと「第3類医薬品」と書いてある。やれやれこれで治る。

 ところが、このクリームを塗っても口角炎はよくならなかったのだ。治りそうな気配もない。困ってしまった。

 次に考えたのは、口角炎も口内炎の一種ではないかということ。それならばチョコラBBだ。そこで、クリームを塗る一方で、チョコラBBを呑んでみることにしたした。

 結果は、残念ながらはかばかしくない。どうすればこの痛みから解放されるのだろう。

 調べたところ、口角炎によいのはワセリンということがわかってきた。クリームならどれでも良いわけではなかったのだ。急遽、買いに走ったね。ワセリンならば大抵の薬局に置いてあるし。

 やあ、良かった良かった。これで一件落着だ。痛みともおさらばできる。

 けれど、ワセリンを塗れども塗れども、治っていかないのだ。朝、起きたときは何となく良くなっているようなのだが、夜になると振り出しに戻ってしまう。途方に暮れたね。

 原因があるはずだ。12月中ごろの私の暮らしをもう一度、思い出してみた。

 忙しかった?それはいつものこと。疲れていた?それだってよくある。何だろう。

 その原因らしきものに気がついたのは、つい数日前だった。朝、歯を磨きながら、そういえば12月には歯磨きが切れて新しいものに換えたっけ。あ、もしかしたら、それが原因だった?

 まだまだチューブにはたくさんの残量があったけれど、歯磨きを交換することにした。

 これで治った?いえ、まだ完璧には治っていないけれど、かなり良くなっているのは確か。なんだ。歯磨きが原因だったんだ。歯磨きの中のどの成分かわからないけれど、合わなかったんだね。

 口がスムーズに開くのって気持ちいい!つくづくそう思ったよ。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうございます
ブログ 読ませて頂いております。
口角炎 原因解ってよかったですね。
残りの練歯磨き粉は、金属や陶器、
鏡などを磨くのに使用すればピカピカに!
無駄になりませんよね・・・・・
道楽天使
2015/01/10 11:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
口角炎 鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる