鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS 続 風呂屋の煙突 

<<   作成日時 : 2015/06/22 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 この1週間ほど、「吟遊」第67号のことと「第8回世界俳句協会大会」の準備のことで、頭の中はいっぱいだった。

 「吟遊」はこの20日が締め切りだったから、それに合わせて編集作業の準備(つまり編集以前ということ)をしていた。具体的には、同人さんたちや依頼した方たちの原稿を待ったり、催促する一方で、自分の原稿も書いていた。

 今回は俳句のほかに、夏石番矢の色紙展の記録と「天地の表情」のエッセイの2本だったから、ちょっと大変だった。

 「第8回世界俳句協会」関連では、次のチラシの出来上がりに合わせて、申込用紙を作って印刷したり、会計関連では、申し込んでくれた方たちのお金の確認をしたり、帳簿をつけたり。もっと大きなことでは、今回ベトナムから二人の俳人さんたちが参加するが、その飛行機の予約(の打ち合わせ)や航空会社に代金を払ったり、領収書に書いてもらう内容を伝えたり。銀行は3時までなので、あわてて出かけたり。

 そのようなことをしていた。

 その間も頭にあったのは、あの風呂屋の煙突、どうなったかな、ということ。

 
画像


 鉄骨(階段つき)でまわりをぐるりと囲み、そのまた回りをカバーで囲っているところ。少し角度を変えたのがこちら。工事は、どうやら上から壊していくようだ・・・

 
画像


 ここでは見づらいが、カバーにはちゃんと「防音」の文字がある・・・

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
老兵は、伝統的な方法で消えていくのですね!
yukio
2015/06/23 10:32
はい。今は周りの建物をそっくり壊しているところです。それから煙突に取り掛かるのでしょう。このお風呂屋さん、富士山の絵で有名だったようです。今頃、知りました。
ラララ
2015/06/25 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
続 風呂屋の煙突  鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる