鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS 生誕300年記念 若冲展

<<   作成日時 : 2016/05/24 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 「若冲展」が今日で終わった。ずいぶん前から、若冲の絵には惹かれるものがあって、展覧会には行きたかったが、混雑ぶりを知るにつれ、出かける勇気が出ないでいた。

 私が若冲に関心を持ったのは、二十数年前のこと。写生を突きつめた筆遣いの精緻さと色彩の美しさと、といって堅苦しくなく、何とも言えぬ優雅ささえただよう。さらに彼の絵からにじみ出る凄惨さ。

 そして、私が彼の絵で知ったのは、写生を極めると想像の世界で遊ぶことさえ出来るということだった。写生が究極の自由につながることを、私は彼の絵から知った。

 何とかして本物の絵を見れないものか。近場では宮内庁三の丸尚三蔵館に、若冲の絵があると知ったときは嬉しかった。さっそく電車に乗ると、いそいそと出かけていった。

 初めて入る皇居だったが、三の丸あたりは草木が自然に近いままで生い茂り、どことなく昭和三十年代(私が幼い頃過ごした)のおもかげがある。もしかしたら大正時代かも?そうだよね。明け渡した後の江戸城、しかも三の丸あたりは、宅地開発などと全く関係なかったはずだもの。

 そして、目的の若冲だが、私は見ることができなかった。絵は置いてあるらしいのだが、一般には見せないことになっているらしい。

 ひどくがっかりしたが、久しぶりに昭和三十年代の気分に戻れて、まあそれはそれでよしと思うことにした。

 その若冲展が、今回、開催されるという。もう飛んでいきたい?

 いえ、その前に日増しに増えていく入場者数に、私はどんどん出かける勇気がなくなっていった。昔、「モナ・リザ」を見るのに並んだことがあるけれど、今回の列はどうもそんなものじゃなさそう。

 決して若冲が嫌いになったのではない。興味がなくなったのでもないから、いつかきっと会えるだろう。それまでは画集で会っていることにしよう。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生誕300年記念 若冲展 鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる