鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤玉はら薬

<<   作成日時 : 2017/01/11 15:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 ドラッグストアでお腹の薬を探していたとき、「赤玉はら薬」をみつけた。

 
画像


 この薬には思い出がある。箱に「富山の和漢薬」とあるように、この薬は、昔、幼かった私が練馬区に住んでいた頃、富山(たぶん?)から大きな箱を持った行商人が届けてくれていた。その中の一つがこの薬だった。昭和三十年代は、まだそういう行商スタイルが残っていた。

 私は、この行商人が運んでくる薬の箱を見るのが楽しみだった。一種独特のにおいのするその箱から、大きな袋や小さな袋の薬を選び出し、てきぱきと数えると、あらためてわが家の薬箱に入れていく。塗り薬もあれば液体のものもあった。「赤玉はら薬」はそんな薬の中の一つ。ただ、袋の絵にお腹を抱えたお兄さんがいたかどうかは覚えていないが。

 熊の絵が印象的な薬やオレンジ色の痛み止め。塗り薬や液体の薬もあった。次から次へと薬を出しては並べていく、その手さばきは、まるで手品のようで、いつまで見ていても飽きなかった。

 そして、別れ際、用事がすんだ行商人は、「また来ますからね」の言葉と一緒に、手品の仕上げで、ポケットから畳んだ紙を取り出すと、はい、と私の手に乗せてくれた。

 その紙は、膨らませると赤や青や黄色の美しい紙風船になった。丸かったか、四角だったか、今となっては定かではない・・・・

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤玉はら薬 鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる