鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際郵便

<<   作成日時 : 2018/03/05 15:27   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 『世界俳句2018 第14号』のための発送準備を進めている。主なものは書籍用封筒ににゴム印を押すこと。

  
画像


  ゴム印は「AIR MAIL」「SAL」「PRINTED MATTER」「世界俳句協会事務所の住所」の4種類。宛先だけはラベルを作って貼っている。

 「AIR MAIL」と「SAL」というのは、どちらも海外に郵送するときの航空便のこと。普通、封書などの航空便はほとんど「AIR MAIL」だけど、書籍やカタログなどの印刷物(「PRINTED MATER」)に関しては国際的な取り決めで、少し安い航空便でも送ることができる。「SAL」便というのがそれにあたる。

 じゃあ、「AIR MAIL」と「SAL]でどのくらい料金が違うかというと、第3地帯つまりアフリカ大陸や南米大陸の国々などに送るときは、2倍くらいちがう。「AIR MAIL」では1000円のものが、「SAL」便では500円くらい。複数の郵便物をこの違いは大きい。

 ただし、条件があって安いSAL便は、AIR MAIL便とちがい、航空会社次第のとことがある。機内に空きがあれば乗せるけど、なければ後回しだよ、ということ。それで「AIR MAIL」では1週間もかからずに届いても「SAL]では1ヶ月近くかかることが多くなる。

 こんな感じで、これまで各国に『世界俳句』を送ってきたのだけど、それが此処にきて問題が起きてきた。「SAL」便を停止する国が増えてきたのだ。もちろん「AIR MAIL」まで停止していない。(国交断絶じゃあないんだから?)要するに航空会社が善意で行なってきた「SAL]のサービスをやめることになっただけなんだけど。

 お金に関しては各家庭だけでなくどこも苦しい、とは思っていたけれど、どの国も苦しいのかもしれない。今のところ、日本は「SAL」便を廃止する国にはなっていないようだけど、もし日本までがそうなったら、とちょっと怖くなっている・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際郵便 鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる