鎌倉佐弓

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界俳句協会会員の更新

<<   作成日時 : 2018/04/04 17:23   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 2018年度の「世界俳句協会」の会員更新が始まった。日本の国を始めとして、いろいろな国から会費が届いている。

 郵便振込みの用紙を使う人。ペイパルを通して支払う人。銀行口座に振り込む人。本当に様々だ。世界俳句協会がいくつかの入金方法を持っていてよかったと思うのはこういう時だ。

 そして、今日は郵便局でアメリカから「POSTAL MONEY ORDER」で届いた会費の換金をしてきた。

 この「POSTAL MONEY ORDER」は、郵便局を通して行なう国際為替の一種?で、小切手みたいなもの。金額と宛名、宛先のほかに、差出人の名前や住所が書かれている。

 換金するには、この用紙と自身を証明するもの(受取人に間違いないという運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)を窓口で見せればいいんだけど、今回は困ったことが一つあった。

 それは送られてきた「POSTAL MONEY ORDER」の宛名が「世界俳句協会」だったこと。

 「世界俳句協会」を証明するものって何を持っていけばいいんだろう。しばし考えた結果、私が持っていったのは、「特定非営利活動法人世界俳句協会」の法人規約書だった。法人設立にあたって、法務局に提出したから、これには「埼玉県知事」の印鑑が押してある。

 さらに、この「附則」には、監事として私の本名も記載してあるから、個人名が必要ならば私のマイナンバーカードを見せればいい。

 ほかにも会の証拠?として「定款」や『世界俳句』の最新号、世界俳句協会の実印(法務局に提出したもの)など持って行った。これで駄目なら仕方ない。

 そして郵便局で待つこと1時間ほど!嬉しいことに会費を日本円で受け取ることができた。

 その時わかったのは、昨年から「世界俳句協会」には「法人ナンバー」がついていること、国税局のホームページにそれが載っている事だった。管理の一環なんだろうけど、今回は、郵便局の方たちが国税局のホームページを覗いてくれてわかったんだから、まあ役に立ってくれたんだろう・・・

 それにしても、郵便局で待つことになると覚悟して文庫本(中野京子さんの)を持っていったけど、1時間もかかるとは・・・

 

 

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界俳句協会会員の更新 鎌倉佐弓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる