椿

 この頃、玄関まわりを掃くことが多い。一日に1度はシュロ箒を手に(小さな)門から石塀に沿って掃いている。玄関まわりを掃くのはあたりまえじゃないか?

 いいえ。私の場合、ごみなど落ちていない限り、玄関まわりを掃くことはめったにない。それがこの頃は毎日のように掃いている。なぜか。

 今年も木いっぱい、見事に咲いてくれた乙女椿がまさに散りどきを迎え、玄関まわりが花びらの海になっているのだ。

 椿は咲いているときはきれいなピンク色だけれど、枝から離れる頃にはだいぶくすんでくたびれた感じに変わってしまっている。それがぼたぼたと落ち、まだ花の形のものと、それが剥れてしまったものとが混ざりあい地面に広がったさまは、なんとも不様というか、みっともないというか、早く掃いてあげなくちゃとしか思えない。

 艶も色もまだあるうちに一片ずつ散る桜が、地面に広がっても美しさを保っているのとえらいちがいだ。

 でもね、ここでちょっと椿の身になってみる。

 本当はぽたんと落ちて、その姿のままでいたかったのかもしれない。ちりじりの花びらになってしまうなんて、想像もしていなかったのかもしれないね。

 暖かさに思わず咲いてはみたものの、ここ数日の大変な寒さに、咲いてしまったことを後悔しているかもしれない。

 そんな時、どう散るかなんて考えられないかもしれないね。

 で、私にとっての雨だけど、今日はおかげ?で玄関まわりを掃かずに済んでほっとしている・・・

 



恋椿—橋廻り同心・平七郎控 (祥伝社文庫)
祥伝社
藤原 緋沙子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋椿—橋廻り同心・平七郎控 (祥伝社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

yukio
2013年04月03日 22:28
 今日の椿の散り様はすさまじかったです。花弁は地に張り付いていましたので、指で摘まみました。
ラララ
2013年04月04日 16:14
 あ、椿のある家なのですね。張り付いた花びらって本当にえいやって剥がす感じですよね。箒の傷みも早くなるし・・・

この記事へのトラックバック