吟遊新年会

 昨日、来年1月に大山で行われる「吟遊新年会」の懇親会場の下見に行ってきた。

  
画像


 写真の居酒屋「団欒炎」(だんらんほのお)だが、あまりにも看板が派手なので内部のテーブルや椅子の配置、それから料理やお酒、かんじんの料金がどうなっているのか、実際に見て店員さんに話を聞かなくちゃ、ということで出かけた。

 行ってみてどうだったか。はっきりしたのは、表の看板は派手だけれど、内部の椅子やテーブル、掘りごたつなどいたって清潔感にあふれていることがわかった。別に看板が清潔でないわけじゃないけどね。料理もこの時期の定番の鍋はあるし、値段も飲み放題がついても、きわめてリーズナブルな設定で3000円台で済みそうだ。

 店員さんや板前さんも親切できびきびしていて感じがよかった。こういう時に悪い印象を遺す居酒屋は知らないけど・・・

 駅からもごく近いし。あれこれ検討した結果、懇親会場はここにすることにして予約も済ませた。

 あ、部屋はすべて2階ね。写真では右手の看板の下の黒板のわきに入り口があって、そこから階段が上に続いている。ちょっとわかりにくいけど・・・

 たくさんの吟遊の皆さんが集まってくれたら、と思う。


 

 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック