「吟遊」86号の初校を待ちながら

もうすぐ「吟遊」第86号の初校が届く(はず)。

それを待ちながらも、頭のどこかにはいつも新型コロナウイルスのことがある。

この引きこもりの状態に、もっぱら本を読んだり、Youtubeを見たり、時には第二次世界大戦さなかのアンネ・フランクのことを考えたりもしている。戦争の終結がおそらく彼女の願いだったはず。

私の願いは、とにかく、なんとか皆で生き延びること。

これもある意味で戦争状態なのだろう。戦っているのは私一人ではない。

コロナウイルスが無くなったら、何をしようか。どこかへ出かけようか。

いや、取り合えず思い切り深呼吸をしたいなあ。

息ができるというのは貴重なことなんだね。

それからしばらく休んでいた「吟遊」の連載の「天地の表情」の続きに取り組もうかな。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント