テーマ:世界俳句

アマゾンからの返事

 先日、『世界俳句2020 第16号』が出版された。吟遊社からの初めての出版だ。    そこで、「吟遊」と同じようにISBNを使ってアマゾンに登録したのだが、さすがにアマゾンも書店だね。  店頭に置くにあたり、審査があるようだ。1冊だけ送ってほしいと要請されたので送ることになった。  もうホームページには『世界俳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス

 今日は『世界俳句2020 第16号』の発送をした。新型コロナウイルスの流行が半端でないので、作業をしたのは夏石さんと私の2名。海外分は明日以降に郵便局に持っていくことにして、今日は国内分だけ送った。    その後、失敗を重ねながらアマゾンジャパンに『世界俳句2020』の販売原稿を送った。1度目はうまく送信できなかったが、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

板橋区立グリーンホールの予約

この4月に予定されている「世界俳句協会日本総会」だが、実際、4月に開催できるかどうかわからなくなってきた。 たぶん開けるとは思うのだが、まあ念のためということで、同じグリーンホールの5月6月7月の会議室の予約状況を調べてみた。 すると、7月の祝日が午後から夜にかけて空いているのがわかったので、さっそく仮予約をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2通のアンケート

 アンケートが世界俳句協会あてに立て続けに2通も届いた。  それぞれ「文化庁」と「日本政府観光局」からだ。  こちらが依頼状。    どちらも国際的な会議や催しに関するもの。  昨年の秋に「世界俳句コンフェランス(第10回世界俳句協会大会)」を開催したばかりなので、その関係でアンケートが届いたのかな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポール・クローデル展記念シンポジウム

 6月に入ってから、風邪で咳が出たり、喉が痛かったり、身体がだるかったりで、今ひとつ調子が上がらないんだけど、昨日、17日は横浜の神奈川近代文学館でシンポジウムがあるというので行ってきた。  シンポジウムの題は「今に生きる前衛としての古典 ― 詩人大使ポール・クローデルの句集『百扇帖』をめぐって」というもの。  前にも書いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県南西部地域振興センターから電話

 埼玉県南西部地域振興センターから電話が入った。世界俳句協会はNPO法人になっているが、それを管轄してくれているのがこのセンター。埼玉県には、県庁のほかにこの南西部など16のNPO法人設立窓口というか、相談口がある。  世界俳句協会としては、毎年、年度初めには、ここに書類を提出している。ちゃんと(正しく)活動しているか、という報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェスタン ユニオン

 このところ、せっせと作成していた世界俳句協会関連の書類ができた。同時に朝日新聞と埼玉新聞の選句関連の講評も書き終えることができた。  思えば、4月はいつもこういう用事が重なるんだよね。で、用が終るまで落ち着かない日々が続くことになる。  用事の一区切りというので、今日は川越のHISに行ってきた。海外旅行?いえ、それならば楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月は年度変わり

 どこの団体でもおそらくそうだと思うが、世界俳句協会も4月になって新しい年度が始まった。それはそれで嬉しいことだが、毎年厄介なのが書類の作成だ。  書類の中でもとりわけ気を使うのが会計。何しろ総会に間に合わせなければいけないし。  私が使っているのは、文房具やさんで売っている「会計出納帳」だが、そこに会費は地域別(日本とか北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句協会会員の更新

 2018年度の「世界俳句協会」の会員更新が始まった。日本の国を始めとして、いろいろな国から会費が届いている。  郵便振込みの用紙を使う人。ペイパルを通して支払う人。銀行口座に振り込む人。本当に様々だ。世界俳句協会がいくつかの入金方法を持っていてよかったと思うのはこういう時だ。  そして、今日は郵便局でアメリカから「POST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際郵便

 『世界俳句2018 第14号』のための発送準備を進めている。主なものは書籍用封筒ににゴム印を押すこと。      ゴム印は「AIR MAIL」「SAL」「PRINTED MATTER」「世界俳句協会事務所の住所」の4種類。宛先だけはラベルを作って貼っている。  「AIR MAIL」と「SAL」というのは、どちらも海外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度末

 もうすぐ3月。ちまたは卒業式や決算、年度末工事?など予定されているようだが、世界俳句協会もNPO法人として年度末の書類作成をしなければいけないことになっている。  まず手始めに行ったのは、富士見市に来年度のスケジュールなどを提出した。  世界俳句協会の主なものは、9月の「第9回世界俳句協会大会」と3月発行の『世界俳句201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2017 No.13』

 2月になった。最近は年中行事のようになった『世界俳句』関連の用事を、時間を見つけては進めている。    こちらは海外向けの封筒にスタンプを押したもの。  スタンプを押す時間こそ短いが、その後、乾くまでの時間は長い。たまに、待ちきれなくって、早く片付けてしまうこともある・・・  これで、ようやく封筒はできた。実際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界俳句協会の銀行口座

 世界俳句協会の銀行口座ができた。正確には、これまであったのは「世界俳句協会」名義のものだったが、それに加えて、「特定非営利活動法人 世界俳句協会」名義の口座を作った。    前回(もうずいぶん前になるが)作ったときと比べると、今回は法人格なので、その書類を法務局に取りに行ったり、その書類があってもだめで、銀行での審査(3週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界俳句2015 第11号』

 まもなく『世界俳句2015 第11号』ができあがる。この数日間は、少しずつ発送の準備を進めている。    こちらが発送用の封筒を用意しているところ。封筒ってただ真っ白なままじゃ、どこにも送れない。で、世界俳句協会(日本語バージョンと英語バージョンとある)のゴム印を押したり、宛先のシールを印刷して貼ったり。  海外用の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界俳句協会名簿

 世界俳句協会の会員名簿を作っている。名前、住所、電話、メルアドなどの一覧表はずっと作成していた。今回から、これまでにない取り組みをしているので、そのことについてひと言。    これまでにない取り組みとは、この写真のようなファイルを作ったこと。このファイルはそれぞれが袋状になっていて、バインダーで綴じてあるので、届いた申込用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュー台湾ドル

 世界俳句協会に台湾の人が1名増えて2名になった。もちろん会費も送ってくれた。ニュー台湾ドルで・・  不勉強な私はこれまでそういう貨幣単位があることを知らなかった。その新しい会員さんは、もし日本国内で両替できなければアメリカドルで送りなおすとも、書いてくれていた。  (いくらお金に関しては厳しい?)日本国内だからニュー台湾ド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more