テーマ:総会

「第20回吟遊同人総会」が終って

 この1週間は、「吟遊」関連の仕事をしていた。75号の編集と『吟遊同人自筆50句選』の発送作業が中心。  そして恒例の「第20回吟遊同人総会」も、昨日無事に終了し、今日はその報告記を書いていた。  この報告記はもちろん今、編集している「吟遊」75号に載せる予定。  昨日の今日だから、間に合うとは思ってなかったんだけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第18回吟遊同人総会」

 昨日、板橋のグリーンホールで「第18回吟遊同人総会」が行われた。今年は皆さんあれこれ用事が重なったり、体調が今一つ思わしくなかったりで、出席した人は6人と少なかったが、その分?これまでの会以上に。じっくりと各自の作品と向かい合うことができた。  こういう会もたまにはいいと思った。特に今回は「吟遊・夏石番矢賞2015」を受賞なさっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第9回世界俳句協会日本総会が無事に終わって その4

 4月29日に板橋のグリーンホールで開催された「第4回世界俳句協会日本総会」では参加者のうち、希望者の俳句朗読も行われた。  その映像はユーチューブで観ることができる。こちらがそれ。時間のある方は、ぜひ覗いてみてほしい。  私も日本語と英語で朗読している。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第9回WHA日本総会が無事に終わって その3

 4月29日の第9回世界俳句協会日本総会では、鎌倉佐弓(Sayumi Kamakura )の最新日本語、英語、スペイン語の三言語による句集『七つの夕日・Seven Sunset・Siete atardeceres』について発表する機会があった。その内容について少し触れたい。  この句集『七つの夕日』は、2013年、インドのサイバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第9回WHA日本総会が無事に終わって その2

 4月29日の日本総会では、同時に第3回世界俳句セミナーも行われた。主に世界俳句協会の会員が、この1年間に出版した本を中心に皆で学ぶというもの。日本人の本とは限らないのはもちろんだ。  今回、私がこのセミナーで担当したのは長嶺千晶さんが出版した『今も沖には未来あり』だった。せっかくなので、ここにそのレジメを貼っておく。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第9回WHA日本総会が無事に終わって

 4月29日、第9回世界俳句協会日本総会が無事に終了した。そこで、たぶんほっとしたのだろう、私はどうも風邪をひいてしまったようだ。  症状としては微熱と、軽い咳と、少しの痰。横になることもなく、あれこれできているから、一安心といったところか。せっかくなので、総会の写真を数枚。           どうも思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHA総会終了

 4月29日の第7回WHA日本総会が無事に終わった。  出席した会員全員の活動報告から始まって、1年間のWHAの活動、会計、2012年度の活動計画などの会議。その後、東大名誉教授の平川祐弘先生による講演、希望者による俳句の朗読(ギタリストの笹久保伸さんの伴奏つきだ!)と、なんともぜいたくな会になった。  こちらは俳句の朗読を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懇親会会場の失敗

 大変な失敗をしてしまった。4月29日に開催される「世界俳句協会日本総会」の懇親会の会場の予約をし忘れていたのだ。  昨年10月のこと。総会のための会議室が予約できて、すっかり安心してしまった私は、続いて懇親会場を予約しておかなければならないのに、すっかり忘れてしまっていたのだ!!  それに気がついたのは、そろそろ総会の案内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊が校了、大山へ

 昨日は「吟遊」が校了したこともあって、東武東上線の大山の板橋区立文化会館へ行ってきた。来年の「世界俳句協会日本総会」の会場を予約するためだ。来年の4月開催だが、6ヶ月前(正確には私は区民でないため、5ヶ月と24日前)から予約ができる。去年は秋尾さんに調べてもらい、予約したのが11月だったから、今年はそれより早くできたことになる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WHA日本総会が終わって

 4月29日に開催されたWHA日本総会。初めから終わりまで素晴らしい会になった。これもひとえに、いろいろな場面で力を発揮してくださった方々のチームワークの良さのおかげだろう。アットホームという言葉が何人もの方から寄せられたが、この日、見られたパワーが、そのまま来年のWHA大会につながることが確信できた。  私は30日に残った仕事の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

WHA日本総会のために

 ここ数日間、WHA日本総会のための資料を作成している。昨日は参加者の名簿を2種類作った。2種類とは、受付用と配布用。最初は受付用に作っていたのだが、一人ひとりの名前がわかった方がいいだろうと思い、急遽、配布用も作ることにした。  初めて顔をあわせる人もいるだろうし。もしかしたら俳句朗読の時に、名前を確認したい人がいるかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

板橋区立グリーンホール

 昨日の夕刻、WHA渉外の秋尾さん、ディレクターの夏石、私の3人で、今月29日にWHA日本総会が開催されるグリーンホールに行って来た。実際の会場での打ち合わせのためである。こちらがその会場、601号室。    この写真だけでは、普通にある会議室とちっとも変わらないじゃない、と言われそうだ。でも、実際は大きな部屋をついたてで二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第五回世界俳句協会日本総会

 来月29日に開催予定の「第5回世界俳句協会日本総会」の案内状ができあがった。  昨日はあいにくの雨模様。出かける予定もなかったので、午前中から午後にかけて、どんどん?作成していった。何が大変だったかって?今回は地図を作るのに時間をかけることにしたのだ。板橋文化会館でいただいた地図を拡大したり、台紙をワードで作って作成し、そこに拡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

板橋グリーンホール

 昨夕、夏石と板橋区立グリーンホールに行ってきた。4月29日、このホールで「第六回世界俳句協会日本総会」が開かれることになっている。  写真は板橋区立文化会館。グリーンホールは文化会館から、1分ほど歩いた先にある。    こんなに真っ暗なのは、写した時間が夜8時だったのと、雨が降っていたから。当日は午後の開催だから、も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第4回世界俳句協会大会 その3

 さて今回はいよいよ俳句朗読について。  三味線の伴奏がついたことは前に触れたが、朗読に先立って、三味線奏者の和敬さんから用紙が配られる。これが楽譜?になるらしい。和敬由三郎さんは、三味線の演奏をしたり、自ら教室を開くだけでなく、日本全国の学校や市町村のサークルなどで、三味線を使ったさまざまな朗読の試みをしている。三味線と声と言葉の合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回世界俳句協会大会 その2

 総会は、続いてこの秋に開催される「ドルスキニンカイ詩の秋と第五回世界俳句協会大会」の説明に移る。日本発着の飛行機便のスケジュールやかかる費用、さらにリトアニアでのプログラムなどの説明がなされる。ドルスキニンカイでは、詩や俳句の朗読が中心だが、会場がいくつも用意されているのが嬉しい。ダイナヴァセンター・ホールのほかに野外で城のある丘、カ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第4回世界俳句協会日本総会 その1

 心地よい風の吹く4月29日、後楽園の涵徳亭にて、第4回世界俳句協会日本総会が開催された。午後2時からの総会に集まったのは30名の方たち。第1回目から参加している人もいれば、今回初めてという人も。会員の中には兵庫県や大阪府、奈良県、愛知県から駆けつけてくれた人もいる。中でも遠いのは、オーストリアから明治大学に交換留学生として来ているカリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吟遊同人総会

 五反田へ行ってきた。7月に開催する予定の「第11回吟遊同人総会」の会場を見るためだ。山手線の五反田駅の西口を出て、右側の信号で大通りを渡ると、あとはまっすぐ。途中、橋を渡ってさらに真っ直ぐ。さすがにビジネス街だけあって、皆さん速く歩いている。陸橋の下をそのままくぐり、東京卸売センターを過ぎた所で右に曲がる。ここまで約7分。会議室は左手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界俳句協会

 最近、わが家から出す郵便物より届く方が多くなっている。そのほとんどは世界俳句協会の2008年度の申し込みだ。海外からのもあれば日本国内のものも。締め切りが5月2日と近づいているからだろう。  あさっては世界俳句協会日本総会が新宿で開催される。年に一度、日本中から会員が集まる日だ。たぶん、その席で世界俳句協会の申し込みをする人も。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more